QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
せんだい3年Bee組
せんだい3年Bee組
 仙台を蜂の都と蜜の都に~ミツバチの生態から学ぶコミュニティー創出プロジェクト「せんだい3年Bee組」のハニーな組員によるニホンミツバチ観察日記です。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年05月02日

2010年度―今後のプロジェクトの活動は?





 仙台市中心部に程近い環境にニホンミツバチを飼っている若手養蜂家・大竹英次さんがいること。

 彼の真摯な眼差しを組員全員がよりよくサポートし、ミチバチからいただく様々な恩恵を受け止めていきましょう。

 まずはミツバチの生態を学ぶ1年に。

 徐々にその輪を広げて、仙台の中心部にハチバコを増やして、仙台を蜂の都と蜜の都に。

 仙台の地域コミュニティーをデザインしてまいります。

★2010年3月8日= 『せんだい3年Bee組』設立記念茶話会(根岸・大竹さん宅)

★4月=ハチバコづくり(根岸・大竹さん宅)、銀座ミツバチプロジェクトとの交流会(東京) 

★5月=ハチバコ観察茶話会(根岸・大竹さん宅)、自由観察

★6月、7月、8月=定例観察会(根岸・大竹さん宅)

★10月=ハチミツを味わう宴(市内飲食店など)
  

Posted by せんだい3年Bee組 at 22:25Comments(1)「せんだい3年Bee組」って、なぁに。

2010年05月02日

採ったハチミツはどうするの?



 

 採ったハチミツはどうするのか? 

 まずはミツバチを観察することから・・・。

 ですが、しっかりとそのココロを地域の生活者にも届け伝えることも必要ですよね。

 地元のケーキ屋さん、ホテル、漆器屋さん、飲食店、食品メーカーなどから商品化のお誘いがあれば、仙台市内中心部での地域ブランド商品として多くの人に味わっていただくことも生まれてくることでしょう。  

 様々なアイデア、様々なプロジェクトを通して、この貴重なハチミツを通してを多くの人々のココロに生命の尊さを伝えてまいります。お問い合わせ、ご相談下さい。
  

Posted by せんだい3年Bee組 at 22:17Comments(0)「せんだい3年Bee組」って、なぁに。

2010年05月02日

ハチバコオーナー・トラスト制度ってなぁに?

 




 仙台市太白区根岸の大竹さん宅のミツバコ(蜂箱)=「ハチバコ」を組員全員で参加口数分でシェアします。

 1口=1000円で予定しています。参加組員の名称を「ハチバコオーナー」と呼びます。

 トラスト制度というのは、ハチミツの収穫量は、その年の様々な条件によって変わります。最悪の場合は収穫がゼロの場合もありますので、ご了承下さい。

 ミツバチの生態を観察し、飼育体験することで授かる学び代としてとらえていきましょう。

 ハチミツをいただけることは結果としての産物で、様々な自然環境に感謝していきたいものですね。
  

Posted by せんだい3年Bee組 at 22:12Comments(0)「せんだい3年Bee組」って、なぁに。

2010年05月02日

「3年Bee組」の組員になるには



 

 参加資格に制限は全くありません。

 あるとすれば「ミツバチのキモチをわかろうとする人」です。

 ただし、『ミツバチの生態から学ぶコミュニティー創出プロジェクト・せんだい3年Bee組』の組員になるには、NPO法人ファイブブリッジのビジネスマンデーセミナーに最低1回参加いただくことをオススメします。

 組員になるための掟はありませんが、プロジェクトメンバーの生態も学ぶことが、ミツバチの生態を学習することと同じくらい大事だと考えています。

 参加している人のキャラクターをよりよく知ることで、組員との良質なコミュニケーションをはかっていただける人ではあれば大歓迎です。
  

Posted by せんだい3年Bee組 at 22:03Comments(0)「せんだい3年Bee組」って、なぁに。

2010年05月01日

~仙台を蜂の都と蜜の都に~「せんだい3年Bee組」とは

 ~仙台を蜂の都と蜜の都に~ミツバチの生態から学ぶコミュニティー創出プロジェクト「せんだい3年Bee組」のハニーな組員によるニホンミツバチ観察日記です。

 宮城県仙台市青葉区北目町のNPO法人ファイブブリッジのビジネスマンデーセミナーから生まれたプロジェクトです。

 仙台市太白区根岸のハチ飼い人・大竹英次さんに監修をいただいています。実際に大竹さん宅のハチ箱をメンバー全員でシェアし、ニホンミツバチの生態を観察・学習、飼育体験、採蜜までの一連のミツバチ飼育を通して、新しいカタチのコミュニティーづくりを目的としています。

 ミツバチの飼育を通じて、都市の農村の環境と生態系を感じるとともに、採れたハチミツ等を用いて仙台の街と生活者とのコミュニティーづくりを目指しています。

 「3年Bee組」の「3とB=ミツバチ」とも読むこともでき、「年=養蜂する場所の大年寺山」の一字からとっています。





  

Posted by せんだい3年Bee組 at 13:44Comments(0)「せんだい3年Bee組」って、なぁに。